農場・牧場・畜舎に
無線LANを導入するメリット

事務所から
畜舎の様子を把握

画像

鳥インフルエンザやCSF(豚熱)など家畜伝染病の拡大を防ぐためには、畜舎の状況をネットワークカメラで遠隔監視し、出入りする頻度を減らすことが有効。防疫上のメリットだけでなく、牛の分娩監視など、夜間・冬場の巡回を減らせることで、営農業務を効率化するメリットもあります。

カメラだけでなく
センサーも接続

画像

監視カメラだけでなく、牛の個体管理を行うセンサーデバイスなど、畜産IoTが急速に普及。今後畜舎に導入する先端設備の多くに、ネットワーク・クラウド接続が必要になります。農場内無線LAN環境を構築すれば、個別設備毎の通信契約が不要となり、通信コストを削減可能です。

従業員の負担も
軽減

画像

管理システムへの作業記録の投入など、日々の飼養管理にスマホは必須ツールになりつつありますが、従業員が通信費を負担しているケースも多く、不満を抱えている従業員も少なくありません。農場内無線LAN環境を構築すれば、従業員の“ギガ消費“を気にする必要がなくなります。

NTTグループだからできる
お客様に最適な先端技術の選択

通信技術は日々進化しており、畜舎の環境やお客様が求める条件により、最適なネットワーク環境は農場ごとに異なります。ビオストックはNTTグループのノウハウを活かし、お客様の農場に最適なLAN環境を構築すべく、最新の回線・機器を、キャリアフリー・メーカーフリーでご提案します。

最新の無線技術を
提供

これまで一般的に使われてきた
Wi-Fi規格(11n、11ac等)はもちろん、速度は遅いが安価で遠くまで届くLPWA(LoRa、Sigfox等)や、実証実験が始まっているローカル5GやWi-Fi HaLow(11ah)など、最新の無線技術から、お客様の環境に最適な方式をご提案します。

回線から端末まで
すべてお任せ

「高度無線環境整備推進事業」により、光回線の提供エリアが拡大。MVNOを含めた固定・モバイル回線から、ネットワークカメラやセンサーといった端末まで、最新の回線・機器をキャリアフリー・メーカーフリーで選択します。もちろん設置・設定工事もすべてお任せください。

安心の
保守体制

「畜舎に新しい機器を入れるので無線LANに接続したい」「突然繋がらなくなった」など、営農業務の片手間で農場内LANを運用するのは大変。NTTグループだからこそできる安心の保守体制で、トラブル対応で苦労する心配もありません。 ※保守契約をいただいたお客様のみ対象となります。

Q&A

mow

mow

無線技術ごとの特徴を教えてください。
代表的な無線技術・規格は下記のとおりです。
通信方式 伝送速度 カバレッジ
(通信距離)
コスト 特徴など
有線 Ethernet 一般的に無線よりも高速だが、配線工事が必要となるため、牧場内には適さないことも多い
無線 Wi-Fi 無線の中で最も普及しており、バランスが良いが、牧場では通信距離が課題となるケースもあり
LPWA × 非常に低速だが、低消費電力・長距離伝送が可能であり、センサー向けネットワークに適する
ローカル5G × 超低遅延、多数同時接続、強セキュリティであり、トラクターの自動運転などを実験中
スマホ・監視カメラ・センサーなどの通信費が毎月数万円かかっているのですが、削減できますか?
通信費を削減できる可能性があります。
端末ごとに携帯電話会社と契約する(SIM契約を増やしていく)よりも、牧場内の無線ネットワークを 構築してしまうが、初期費用はかかるかもしれませんが、ランニングコストは削減でき、トータルコスト を圧縮できることがあります。最適なプランをご提案しますので、まずは現在の通信費をお調べいただき、お問い合わせください。
畜舎をモニタリングしたいのですが、どのカメラが良いかもアドバイスしてもらえますか?
もちろんです。お客様の環境に合わせた、最適なカメラと、最適なネットワークをご提案させていただきます。
工事は知り合いの電気工事会社に頼みたいのですが、相談に乗ってもらえますか?
大丈夫です。機器だけの相談でもお気軽にお問い合わせください。
当社は特定のメーカーや工事会社だけを取扱するのではなく、お客様の要望にそったご提案をさせていただきます。
電話やメールでは説明が難しいので、現地に見に来てもらうことはできますか?
はい、先着100名様まで無料で現地調査を行っていますので、お気軽にお申し付けください。

先着100名様まで無料現地調査を受付中
是非この機会にお問い合わせください

農場・牧場・畜舎向け
無線LAN構築に関する
お問い合わせ